兎田ぺこら氏の言及。そして、愛するということ。

配信者として成熟しつつあるペこら氏は、いずれホロライブという枠組みに収まらなくなるでしょう。

私が思う。偉大な配信者の一人にぺこらがいます。
ホロライブには他にも、偉大な配信者であると言える人がいるのですが、ここでは伏せましょう。
「配信者」という言葉を使う理由は、彼女がホロライブという枠組を超えて、敬愛の念を持てる人であるからです。

皆さんは、推し活をしておられるわけですから、他人を愛することができる精神の持ち主であります。
「単推し」だったり、「箱推し」だったり、色々であるかと思います。
それと同じく、愛にも様々な種類があるのです。
友愛、同志愛、慈愛、親子愛、敬愛、調べれば色々出てきます。
恋愛感情だけが愛ではないわけですね。

しかし、共通する部分もありますよね。
それは、相手をよく知り、思いやり、尊重することです。
これができていない人は、いくら愛を語ろうとも、愛を実践できておりません。
はっきり言って、人間的に未成熟で、ダメな人です。
自身の持つナルシシズムに早く気づき、修正すべきでしょう。

私たちは、多くの楽しみをホロメン達から分け与えて貰っていると思います。
私達もその愛に答えるため、愛するための技術を学んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる