ホロライブにマイペースで小悪魔なシャチがやってきました。

ホロライブというレッドオーシャンも、彼女にとってはただの遊び場でしょう。

さあ、来ましたね。
昨日は、沙花叉クロヱさんの初配信でした。
開幕事故から始まりましたこの配信、見ていた人は気が気でなかったのではないでしょうか。
私も最初は、「ああ、これはもう明日の記事は駄目だな。」そう思って見ていました。
しかし、結局は私も杞憂民の一人にすぎなかったようです。
見事に、出し抜かれてしまいました。

この初配信。
なんと沙花叉さんは、開始してから20分ほどの間、シャチの中から顔を出し、雑談するという暴挙に出たのです。
私はこれを見て思いました。
「ああ、神よなんてことだ。」
挙句の果てには、twitterの画面を取り出し、シャチの顔出しパネルから覗き込んでいる自分の顔に被せてしまう始末です。
その結果、ただでさえ少なかった 沙花叉さんの情報が三分の一にまで減少する事態に陥りました。

これ、youtubeのスクショなんですよ。信じられます?

配信を見ていた皆さんも思ったはずです。
「沙花叉さん自己紹介!思い出してください!」
そして、ついにそのことに彼女は気づき、お部屋に案内するとそういうのです。
しかし、この瞬間またもや、関係のない話に注意がそれてしまいます。
やっと、自己紹介に話が進み、私たちはホッと胸を撫で下ろすわけですね。

お部屋に着くと、そこはホラーテイストのぼろ屋敷。
そこで、彼女はまたもや、好き勝手話し出します。
ほら掃除屋なのに掃除が苦手だとか、コメントの速度早くない?とかそんな感じです。
さらには、ぐちゃぐちゃで読めない字を得意げに見せてきます。

ここで、私たちは思うわけです。
「そんなことはいいんだ。」
「もっと、あなたのことが知りたいんだ。」
「それより、仮面が外れるのか知りたいんだ!!」
もう、もやもやしてしまいます。

そして、配信終了間近になって、彼女はついにその神秘のベールを脱ぎます。
そうです、この瞬間、私達はもやもやから解放されるカタルシスを得るわけです。
「顔もかわいいし、お歌も上手。やったー!」こういうわけです。
そして、経験豊富なホロリスナーは悟ります。
あ、我々はこの子に振り回され、弄ばれていたんだー。
やられてしまいました。
最後にカッコイイ歌を聞かされて終わり、私達は満足して帰ってしまいます。
彼女の勝ちです。

いや、あざとい!!


よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる